ウイルスと細胞の違い

ウイルスが細胞を増やす

ヘルペスや帯状疱疹の原因となるのはヘルペスウイルスです。このウイルスが原因で、痒みや湿疹が起こってしまいます。
では、どうしてこのようなウイルスが発症してしまうのでしょうか?

 

もともとウイルスとは、遺伝子を膜が包んでいるだけ。とても単純な構造をした病原体です。同じように病原体である最近に比べると非常に小さい。もちろんですが、人間が肉眼で見えるようなサイズではありません。

 

ウイルスは約1ミクロンとかなり小さいサイズです。
あくまでも、ウイルスは人間に限られていて、生物の細胞の中に潜り込み、そして、次第に増えてきます。

 

良いウイルスもイますが、体に対して悪影響を与えるウイルスが進入することで、細胞はどんどんウイルスを増殖させ、周りの細胞にうつって、どんどん増殖を繰り返します。すると、感染した体の器官がうまく働くことができずに、様々な病気になります。

 

ウイルスは、最近とは違うために、抗生物質は効きません。そのために、バルシビルなどの抗ウイルス薬を服用することで、ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスを抑制することができます。

 

ただし、ウイルスを完全に消滅させることはできません。そのために、ウイルスとは一生の付き合いになるために、口の周りや性器の違和感を感じたら、すぐにバルシビルなどを使うことが重要になります。

 

 

ページの上へ