免疫力を高める

ウイルス感染

帯状疱疹は一生に一度しか発症しない症状です。
体の左右どちらかに多数の水ぶくれが発症し、それが帯の様に見えることから病名で「帯状疱疹」という名前がつきました。

 

一般的に、帯状疱疹の症状としては、痛みを感じることが多く、赤く腫れがあることもあります。
この原因としては、過労や加齢による低下、糖尿病や外傷、ストレスなど色々なことが原因です。

 

子のう容に感染し、水疱が起こります。この時に皮膚に出来たほっしんなどでぞうふくしたういるすが、しんけいにかよって、感覚神経の神経の筋に潜り込みます。

 

帯状疱疹が発症することで、水疱が起こるのは、簡単に言うとウイルスが免疫を体内に吸収した証です。

 

基本的に、帯状疱疹を発症するのは、子供の時期が多く、体内にウイルスを獲得しても、免疫が働いている間は、底までウイルスは活動しません。そのため、悪さをしないためにヘルペスも起こらないのです。

 

しかし、20代や30代になると、次第に免疫力が低下するために、ヘルペスウイルスを抑えることができなくなります。すると、疲労やストレスが溜まった時に、一気にヘルペスウイルスが増幅し、ヘルペスが発症してしまいます。

 

そのため、ヘルペスを予防するために、普段から疲労やストレスを貯めないこと。あとは、免疫力を高める食事を心がけることが重要になります。

 

 

ページの上へ