ヘルペスと帯状疱疹

ヘルペスと帯状疱疹の関係について

ヘルペスの症状に気づいたらすぐに利用したいのがバルシビルなどの抗ウイルス薬です。むしろ、バルシビルの効果がどんなにあったとしても、使うのが遅ければ効き目がありません。

 

ただし、たとえ発症してから使うのがはやくても、ヘルペスと帯状疱疹が異なっていれば意味がありません。あくまでもバルシビルはヘルペスの薬であり、帯状疱疹ではありません。

 

私達がヘルペスと混同しがちなのが帯状疱疹であり、どちらもヘルペスウイルスに感染することにより起こります。

 

簡単に説明をすると、ヘルペスは一般的に皮膚の症状は軽く、痛みも強くはありません。それから後遺症も残らないが、何度も再発を繰り返す恐れがあります。

 

帯状疱疹については、一般的には皮膚の症状が重くて、痛みも強いですが、繰り返すことはなく一度きりです。

 

ヘルペスも帯状疱疹も一旦感染すると死滅することなく、体内に依存してしまうことがポイントです。つまり、ヘルペスの薬であるバルシビルを使ったとしても完治させるわけではなく、一時的なウイルスの増殖を抑えるということになります。

 

 

ヘルペスの場合、神経細胞の中で活動を始めたウイルスの通路を通って短時間で皮膚まで到達し、細胞に感染し、痛みなどが発症します。

 

帯状疱疹の場合は、ウイルスが神経細胞の中で増殖するのではなく、周りを囲むサテライト細胞が増え、細胞から細胞へ感染しながら表皮に向かいます。そのために、痛みが過剰に強いために気づいたらすぐに病院で診てもらうことが重要になります。

 

 

ついつい帯状疱疹のことをヘルペスと勘違いをしてしまう人も多いのですが、根本的に異なるために、理解しておくことが重要になります。

 

 

ページの上へ