年齢の変化でヘルペスに

抵抗力がなくなりヘルペスに

昔と比べて、現代では帯状疱疹やヘルペスがドンドンと増えているというデータが出ています。どうしてこのようなことが起こっているかというと、高齢者が関係してきます。

 

ヘルペスなどの原因は、面栄気力が低下した時に発症する病気です。免疫力はどうしても加齢によって起こる。これはどうしても仕方がない人間としてメカニズムになります。

 

実際に、人が一生に家に帯状疱疹に掛かる割合は30%程度なのですが、20代だと20%程度、30代だと30%。しかし、70〜80歳だと50%以上に跳ね上がります。つまり、年齢が上がると、それだけヘルペスのウイルスが増殖するということになります。

 

どうしても、若い年齢で発症しやすい帯状疱疹も、発症した時はそこまでの症状は高くありません。しかし、体内にヘルペスウイルスが発症することで、高齢者により、増殖するために、湿疹やかゆみ等が起こりやすくなります。

 

年齢が重なることで、体内に存在しているウイルスに対して抵抗力が弱くなります。そのために、ちょっとした疲れ、ストレスでも、ヘルペスが起こりやすくなるために、できるだけ、違和感を感じた場合はバルシビルなどの薬を利用すること。

 

そのまま放置することで、どんどんと症状が悪化してしまいます。

 

 

ページの上へ